ムゼオ虫

メインコンテンツ | メニュー | リンクメニュー

Main Contents

最新情報

ミッシェル・オスロ「アズールとアスマール」展 開催!

場所:三鷹の森ジブリ美術館 ギャラリー

日時:2007年5月19日~ (終了日未定)

監修・デザイン:宮崎吾朗



 


「アズールとアスマール」は3DCGを用いながら、現在の主流である物質や光線の描写のリアルさを追求したり、空間を上下左右に自在に動き回る三次元的なカメラワークを用いたりしていません。

絵画スタイルは二次元的で非常にグラフィカルであり、対照的な二つのものを鮮やかに描き出すことに成功しています。それは二人の主人公であり、ヨーロッパとイスラムの文化であり、喜びと悲しみといった登場人物の感情まで含んでいます。

また、カメラワークは非常に抑制的で、常に一歩引いた場所から登場人物と彼らの周囲の状況を写しています。主人公に強く感情移入させるような視点に立つカメラワークとは大きく異なります。

こうした絵画スタイルや演出方法によって「アズールとアスマール」は、あたかも芝居の舞台を見ているような、もしくは絵巻を括っているような感覚を観客にもたらします。影絵アニメーションの『プリンス&プリンセス』、セルアニメーションの『キリクと魔女』での経験を深化させながら、3DCGを得てオスロ監督は新たな境地に達したと言えるでしょう。

三鷹の森ジブリ美術館では、「アズールとアスマール」の世界を紹介する展示を行います。7月の公開に先立って、オスロ監督の美しい絵巻の世界の一端に触れてみて下さい。



 


宮崎吾朗

    三鷹の森ジブリ美術館は日時指定の予約制。チケットはローソンでのみ販売。

ごあんないダイヤル:0570-055777 www.ghibli-museum.jp