2020年1月 ~風物詩~


1月


1.3(金)

・本日は2020年最初の日。ネズミ年を迎え土星座の上映作品が『ちゅうずもう』となりました。ショップでは、朝一番からのレジに入っていた馬場くんが、短い時間の中で「7,777円」や「5,555円」とゾロ目のお会計を頻発させています。お客様たちも「良いことがありそうです!」と驚きながら喜んで下さり、ひと盛り上がり。今年年男の馬場くん、幸先の良いスタートですばらしい一年になりマウスように。


1.4(土)

・新年もカフェのキッチンは朝早くから仕込みに大忙しです。この日はキッチンに居るはずの村上さんがショートケーキを作っていたので「どうしたの!?ケーキを作っているなんて何年ぶり?」とめずらしがるスタッフ達。もともとケーキ作りの担当だった村上さんですが、ここ10年程は別の調理を担当しています。今年はヤル気に満ちているのか、久しぶりの作業にも手際のよい素早い動きでどんどんケーキが作られていきました。昔を知らない若手スタッフたちは新年から驚くばかりなのでした。
20200104.jpg


1.5(日)

・テイクアウトにネコバスのお洋服を着た赤ちゃんがやってきました。朝から空気が冷たく寒い中、モコモコ姿の赤ちゃんは足元もネコバスのソックスで防寒対策もばっちりです。(コネコバスだ...。)(これはネコバス赤ちゃんだよ...。)とあまりの可愛さにちょっかいを出したくてウズズするスタッフ達。生後7ヶ月のネコバス赤ちゃんに「ネコバスで遊べるくらい大きくなったらまた来てね。」と名残惜しそうにテイクアウトから見送るのでした。


1.6(月)

・年始の営業は子どもたちのお買い物も大忙し。もらったお年玉の中でやりくりしようと頭をひねっている子をよく見かけます。スタッフも「いちばん安いのはこのステッカーで...」と予算内に収まるよう一緒に探したりと、微力ながらお手伝い。そしてレジではキレイに折りたたまれた四つ折りのお札を子どもたちが持ってくるのを見るたびに、なんだか微笑ましい気持ちになると共に、新年を感じるショップスタッフでした。


1.7(火)

・毎年恒例の鏡割りが休憩室にて行われています。皆、通りすがるたびにおもちをトントン。しかし意外と本腰をいれないと割れず一苦労なのは毎年のこと。最後の方になるといつも「もっと割ってください。」とのおふれが出はじめ、ショップの大倉くんは、休憩時間中、ずっと黙々とおもちを割っていました。一方の御山さんは、金槌を大きく振りかぶり、全てを破壊するのでは......?と思わせる勢いを見せていました。
20200107.jpg


1.8(水)

・企画展示室の出口には、椅子に座ったパン種がいます。お正月だからでしょうか、男の子がパン種を指さし「餅だ!」と叫んでいます。スタッフが「パン種は、焼いたらパンになるんだよ。」と伝えても、「白いし、丸いし、モチモチしてそうだし、絶対モチだよ!」「美味しそうだなあ。」と男の子の主張は変わりません。男の子のあまりの力説に、スタッフも「たしかに言われてみると...」と、だんだんパン種が美味しそうなお餅に見えてきました。パン種が餅に見える現象、お正月ならではです。


1.9(木)

・「トトロ持ってきたよ!」とトトロの形をしたバッグを見せてくれた4歳くらいの男の子。スタッフが「トトロの中には、何を入れてきたの?」と尋ねると、「ハンカチとティッシュとお年玉!」と元気に答えてくれました。さらに、お土産をたくさん買うことも教えてくれて、「今日は僕のおごりね!」と自慢げに言って、意気揚々とショップの方へ歩いていきました。なんだか気前のいい太っ腹な男の子なのでした。


1.10(金)

・新社長の高橋望さんが何やら『アニメージュ』のバックナンバーを熟読しています。「若いスタッフがアニメーションに関する知識が少ないのが気になる。部活を開こう!」と熱心に語っているそう。しかし今のところ入部希望は1名のようです。
20200116.jpg