メインコンテンツ | メニュー

Main Contents

2012年11月

11月1日(木)
今日から11月。今年も残すところあと2ヶ月を切りました。朝から打ち合わせで新宿に出たのですが、ハロウィンのオレンジの装飾も街から一掃されて、街がさびしい感じがします。
121101a.jpg
「"椿屋珈琲店"の入口。階段を登って思わず左に曲がってしまいそうになります。右が入口なのに。人間の生理では右より左に曲がるほうが自然なのですね。きっと」

そんな日の午後、汐留の日本テレビを訪ねました。財団理事会の事前説明のためです。
121101b.jpg
「汐留広場のイベントもやってないので、いつもより広く感じます」
31階でエレベーターを降りたら、あれっ、元出版部の譲くんではないですか。そっかー、今日から日テレ映画事業部に出向でしたね。奥田さんと挨拶で周っているみたいです。
121101c.jpg
「譲くんは入社式でも着なかったようなスーツをきちんと着ていて、髪型も決まってましたよ。小金井や恵比寿に居る時とは別人です」
121101d.jpg
「帰りの吉祥寺駅前には、イルミネーションの準備がなされてました。もうすぐ華やかな季節がやってきます」


11月2日(金)
11月だというのに、近くの朝顔はまだ咲き続けています。ただ、今朝はご覧のように花が開ききってないみたいです。いよいよ、朝顔の時期も終わるのかなあ。もうしばらく、注目してみたいと思います。
121102a.jpg
「そういえば、東小金井の駅近くの朝顔もまだ咲き続けているはず。最近どうでしょうか」

クリスマス装飾の準備が着々と進行中です。出来上がったクリスマスカードを並べてみました。一枚一枚スタッフの手によってデコレーションされています。一枚として同じカードはないんですよ、これ。どう使うのかな?
121102b.jpg
「ヴィクトリア調なのだそうです」

館長が草屋からサツマイモをもらってきました。とても、大きいです。週末のゴハンにと、各自一つずつ分け合って持って帰ることになりました。
121102c.jpg
「今週末は各家庭で芋三昧です」


11月3日(土)
館長と劇団四季の「West Side Story」を見に行きました。浜松町から見える東京タワー、一日の間でもライトアップが変わるみたいです。知らなかった。
121103a.jpg
「夕方5時ごろのタワーです」
121103b.jpg
「こちらは、夜9時くらい。ライトアップが変わっていますね」


11月5日(月)
朝、出勤すると、週末のサツマイモが2個残っていました。というわけで、マユちゃんが調理することになりました。
121105a.jpg
「紙でくるんで水をかけて電子レンジに入れると良いみたいです。出来上がりが楽しみです」

美術館の休憩室には、ミカンが置かれていました。結構、館内では季節によって色々な果物ができるんだなあ。柿とか桃とかはないのかなあ...(ないです)
121105b.jpg
「イラストもいい感じ」

さて、まゆちゃんが調理したサツマイモ。マサキヤでバターも買ってきたそうです。そうだ。足りなかったものはこれだったんだ。
121105c.jpg
「めちゃくちゃ、おいしそうです」

美術館は今日の営業が終了すると、明日からメンテナンス休館に突入です。閉館後の美術館に行ってみると、もうメンテの作業が始まっていました。
121105d.jpg
「これは、きっと洗濯するんだと思います」

121105e.jpg
「看板を入れ替えるのかなあ。脚立から落ちないようにね」


11月6日(火)
さて、スタジオジブリとジブリ美術館は、今日から年に一度の社員旅行です。映画の製作中なので、監督やメインスタッフは行けないのですが、それでもスタッフが増えているので、総勢300人くらいの大所帯となりました。場所は関西、琵琶湖畔に位置するホテルです。
121106a.jpg
「"近ツリ"の添乗員のみなさん、またお世話になります」
121106b.jpg
「京都駅に降り立った一行。これからバスに分乗します」
121106c.jpg
「鈴木さんのアシスタントのシラキさんの母校の前を通過中。なぜかみんなで拍手しました」
121106d.jpg
「一行が向かったのは、方丈記800年のイベント真っ最中の下鴨神社です。ゴロー監督のイラストを美術館のフジコちゃんが展示しています」
121106e.jpg
「この間、オリジナルグッズも売られています。鈴木さんの書があしらわれたTシャツも」
121106f.jpg
「みたらし団子の発祥の地らしいので、さっそく食べに行きました。なんだかソロバンの玉みたいですね」
121106g.jpg
「これは夕食会場の様子です。すごい人数だなあ」


11月7日(水)
旅行の二日目。基本的には自由行動なので全員好きなところを旅します。京都に行く人もいれば、比叡山に登る人も。われわれは琵琶湖を巡る旅に出ました。
121107a.jpg
「これが朝の琵琶湖です。風力発電もあるんですね」
121107b.jpg
「今津港からクルーズ船に乗ります。ちょっと雲が多くて寒いです。女子はカイロを買っていました」
121107c.jpg
「竹生島に到着。ここはいろいろなしかけがあって、神様のテーマパークみたいでした」
121107d.jpg
「あれっ、葦笛の"はなちゃんず"に遭遇しました。栗東から渡ってきたとか。また再会できて嬉しかったです」
121107e.jpg
「その後、長浜に到着。お昼を食べて、海洋堂ミュージアムに行きました。これは入口で写真を撮るアツキン」
121107f.jpg
「近江八幡に移動して、クラブ・ハリエのバウムクーヘンを食べに行きました。ところが現地で"シャア"という赤いケーキを発見。これは食べねばなるまい」
121107g.jpg
「近江兄弟社の本社工場とミュージアムにも行きました。実は以前勤めていた会社の取引先なのです。メンタームの直売所がなかったのが残念」

各々の一日が終わって、夜はまた旅館に大集合しました。大夕食会の二日目です。
121107h.jpg
「星野社長の乾杯でいただきます」
121107i.jpg
「夜中にロビーでフカヤンとニッピィが何やらビデオのチェックをしていました。どうも彼らは琵琶湖で撮影をしていたみたいです」


11月8日(木)
旅行も最終日。午後3時までは自由行動なのです。
121108a.jpg
「朝日が上る琵琶湖もきれいでした」
121108b.jpg
「実は、館長一行12名はテニスを楽しみました。いつもは夜のテニスなので健康的で気分爽快でした。油断して日焼けしたけど」
121108c.jpg
「お昼はシラキさんと7スタのアオキさんと約束したので、新福菜館のラーメンを食べに行ってきました。時間がなかったので焦りました」
121108d.jpg
「時間がなくて551を買えなかったのが心残りだったのですが、なんと、システムのハヤシ君とマッキーがおすそ分けしてくれました。おいしかったよー。ありがとう」
121108e.jpg
「帰りにようやく富士山の雄志を拝めました。夏以来フラレ続けていたので感無量」
121108f.jpg
「最後まで本当にお世話になりました。近ツリのゴトー君。今度はスキーで会いましょう」


11月9日(金)
社員旅行明けの金曜日です。現場のスタッフはまだまだお休みですが、事務系とメンテのスタッフは出社しています。
その中で、フジコちゃんの誕生日祝いが行なわれました。おめでとうございます。それにしてもこのところ誕生祝いが多いですね。お互いに祝ったり祝われたり...。でも嬉しいものです。
121109a.jpg
「なぜかローソクは3本でした。どうやら端数は切り捨てたらしいです。しばらくこのままで行けますね」
夕方、宮崎監督に会うためにアトリエに向かいました。4時すぎだというのに、監督は今頃遅い昼食で、持参のお弁当を食べていました。
121109b.jpg
「薪ストーブも燃えていました。すっかり寒くなってきたこのごろです」
121109c.jpg
「途中の三鷹市堀合あたりにはムクドリの大群がギャーギャーと群れていました。ちょっと怖いです」

夜、ハルダンゲルヴァイオリンのスカラシップオーディションという催しに参加するためノルウェー大使館に出かけました。ハルダンゲルヴァイオリンとは美術館オリジナル作品の「水グモもんもん」の音楽に使われているノルウェーの民族楽器です。久しぶりに山瀬理桜さんにもお会いしましたが、とても元気そう。今日は審査員をやらねばならなくて緊張したのですが、ゲド戦記でお世話になった寺嶋民也さんといっしょだったので、ちょっとだけリラックスできたのでした。
121109d.jpg
「手作りのマフィンでおもてなし」
121109e.jpg
「作曲家の寺嶋さんとNHKの村瀬さんです。村瀬さんはヴァイオリンを習っているそうです」


11月10日(土)
またまた、プロダクション・アイジーさんからの招待で、舞浜に出かけました。いつも本当にありがとうございます。上田さんにはなかなかお会いできないのですが。
121110a.jpg
「駅を降りるとすっかりそこはクリスマスムード一色。でも、今日のイベントは全く関係ありません」
目的地はイクスピアリを抜けた舞浜アンフィシアター。今夜は、"宇宙戦艦ヤマト2199"ヤマト音楽団大式典というコンサートなのです。吹奏楽と歌手によるヤマトの音楽イベント。新作の上映もあったし、ささきいさお氏による昔の歌の歌唱も聞けて、とても充実した夜となりました。本当はグッズも買いたかったのですが、ものすごい長蛇の列であきらめました。残念。
121110b.jpg
「会場では、樋口真嗣氏もいらしてました」


11月12日(月)
本日は、お休みを頂きました。ところで、最近めっきり寒くなったせいか、平地でも紅葉が始まっています。ちょっと前まで25℃の日々が続いたのが信じられません。
121112a.jpg
「道路沿いのイチョウも黄色くなっていますよ」


11月13日(火)
メンテ中の美術館は働くスタッフも多く、たくさんの差し入れが届いているみたいです。お菓子置き場が大変なことになっています。
121113a.jpg
「甘いもの多し。あっという間に消化されていくみたいです」
121113b.jpg
「きわめつけがコレ。大口さんがいただいたケーキ。ペンギンとフクロウ。池袋のメトロポリタンホテルで買ってきてもらったのだそうです」
121113c.jpg
「帰りに通ったサンロードでは、今週からイルミネーションが始まっていました」


11月14日(水)
昨日イルミを見たと思ったら、笠屋のお菓子置き場まで、クリスマスが侵食してきました。どうやらフジコちゃんのしわざのようです。本番の館内の飾りつけまであと少しですね。
121114a.jpg
「お菓子が少なくなっているのをカバーしているのでしょうか」

午後は、財団の理事会で三鷹市役所に出かけました。いつも、出席者の理事の方々にコーヒーをお出しするのですが、今回は新しい業者さんのようです。カップを湯せんしてあたためる心遣いが嬉しいです。さらに、裏方のスタッフにも試飲をどんどん進めてくださいました。お言葉に甘えて、さっそくいただくことに。
121114b.jpg
「コーヒーはどんどん抽出されるようです」
121114c.jpg
「理事会本番中です。コーヒーはおいしいでしょうか」
121114d.jpg
「笠屋に帰ったら、なつかしいお客さんが来てました。フランス帰りの高見ちゃんでした」
121114e.jpg
「美術館のバックヤードに、クリーニングから返ってきた洗濯モノが届いていました。いよいよメンテ終わりが近づいてきましたね」


11月15日(木)
今日は、朝から名古屋に出張しました。これから東海学園大学というところに向かうのです。新幹線の旅は一週間ぶり。
121115a.jpg
「東京は快晴だったのですが、遠くの雲があやしいです。名古屋に近づくにつれ雨模様に」
121115b.jpg
「名古屋では行きつけの"シェフ"というお店で、鉄板スパを頂きました。今回選んだのは"カニコロイタリアン"です」
121115c.jpg
「こんな感じのところでお話をしてきました。少しは役に立ったかなあ」
121115d.jpg
「先生方に連れられて、伏見の16時からやっている居酒屋に向かいました。すごい店です。午後7時には食べ物がなくなってしまうのだそうです。ご馳走様でした」


11月16日(金)
いよいよメンテナンス休館も最終日となりました。本日は全員出勤して、朝から防災・防犯訓練に臨みます。みんなものすごく真剣です。
121116e.jpg
「防災シャッターが下りているところ。まるでクルーに脱出をうながす宇宙船のような非常アナウンスが流れ続けています」
121116a.jpg
「初の試みで"煙ハウス"の体験も行なわれました。本当に真っ白になって何も見えませんでした」
121116b.jpg
「警視庁の警部さんから爆発物テロの講義を受けているところ。そういえば大学でも爆弾のつくり方を習ったっけ(本当)」
121116c.jpg
「訓練・講義の最後には理解度を図る試験も行なわれました。真剣にとりくんだため何か懐かしい気持ちになりました」
121116d.jpg
「さていよいよ開館準備です。やっぱり、脚立から落ちないようにね」


11月17日(土)
今日から公開の映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」を見ようと自宅から5分の映画館に行ったら当日券はすでになく、深夜の回まで全て完売。さらにキャンセル待ちまであるらしいです。こんなの初めての体験です。何か大変なことが起きている予感。。。
121117a.jpg
「結局、当日の鑑賞はあきらめて、ネットで翌日のチケットを予約することに」


11月18日(日)
再びディズニーの岸本さんの招待で、新宿フィルの演奏会に出かけました。仕事の合間の練習で、こうして頻繁に演奏会に出演しているなんて、岸本さんがんばってるなあと思ったら、チェロパートの最前列のサブのポジションでステージに登場です。息子さんもセカンドVnで弾いているし、カッコイイお父さんですね。
121118a.jpg
「会場で、徳間の斉藤さんと東宝アドの折原くんと原さんにお会いしました。みんな岸本さんの晴れ姿!?を見に来ました」
121118b.jpg
「新宿文化センターから花園神社を通って駅に向かいました。なんだか寒くて風が強いと思ったら、関東地方の"木枯らし一号"だったそうです」


11月19日(月)
美術館の前の木立もすっかり色づいて、落ち葉が舞い始めました。今週からは、いよいよ"落ち葉隊"も出動しているようです。
121119a.jpg
「紅葉と三日月。見えるかな」

代表者会議で披露。「夜のとばりの物語-醒めない夢-」のポスターが出来上がりました。パープルで統一されているのは、やっぱりプロデューサーのまゆちゃんのカラーなのでしょうね。
121119b.jpg
「来年、1月19日に一週間限定で公開します。見に来てください」
121119c.jpg
「笠屋の玄関にクリスマスリースが飾られていました。徐々にクリスマス気分を盛り上げていかねば」


11月20日(火)
朝、武蔵野八幡宮の前を通ったら、酉の市の準備が進んでいました。"一の酉"は社員旅行中だったので、今日の"二の酉"は絶対に行こうと思います。
121120a.jpg
「"酉の市"は関東の風習なのだそうです。秋の収穫を祝う新嘗祭のような意味合いもあるみたいです」
121120b.jpg
「休館日の美術館とクリスマスツリーの木。ツリーは先週のうちに搬入されました」

というわけで、夜は新宿の花園神社に出かけました。今年は、"二の酉"までしかなく、おまけに天気も良くあたたかだったので、大混雑でした。夜の9時半をすぎているというのに参拝の列は延々と数十メートルも延び、すれ違いもできないくらいの混雑です。恒例の見世物小屋には近寄ることもできないくらいでした。
121120c.jpg
「中の様子はこんなでした。色とりどりの熊手飾りがカラフルでキレイ」
121120d.jpg
「"幸運の小槌"のおじさんを探していたら、ばったり八幡さん一家に出会いました。酉の市に来るとかなりの確率で八幡さんに会える気がします。もともと酉の市の楽しさを教えてくれたのは彼女だからかなあ」


11月21日(水)
昨晩は、ライブラリーのウッチーも酉の市に行ったそうです。ささやかですが、ふたつの"熊手守り"をライブラリーチームで飾ることにしました。これからライブラリーチームが手がける映画二本分です。おおとり様、大ヒット、よろしくお願いします。
121121a.jpg
「夜とばとまゆちゃんの間にひっそりと飾られました」

さて、今年もフロンティアワークスさんから素敵なお届けモノが....
121121b.jpg
「ミカン箱に入って届けられたチェブだ!!」
121121c.jpg
「一方、美術館には無農薬のミカンがカフエOBの堀口さんから届いていました。横にはアマナイ君の実家の津軽リンゴもあります。果物はいくらあっても嬉しいです」

驚いたことをひとつご報告。帰りにスーパーを覗いたら、なんと鏡餅の販売コーナーができているではないですか。まだ11月なのに。
121121d.jpg
「いくらなんでも、気が早すぎません?」


11月22日(木)
きのう届いたみかん、そのひとつに虫が潜んでいるのを発見。無農薬だからかなあ。今、虫にとってはパラダイスにいる気分なんだろうなあ。
121122a.jpg
「どんな虫に育つのか、しばらく観察することにしました」

今日は月に一度の関連事業報告会議で、館長やウッチーとスタジオに向かいました。久しぶりの第3スタジオをのぞいてみると、そこにはすでにクリスマスツリーが置かれているではありませんか。なんか、最近、みんな気が早くないですか?
121122b.jpg
「でも、あっという間にやってきてしまうんだろうな、クリスマス」

報告会議で見つけた今月の逸品です。ネコバスのプランター!?
121122c.jpg
「武田さんが大笑いしていました」
121122d.jpg
「裏から見ると高畑監督に似ている、とはイベントの千さんの発言です。確かに!?」


11月24日(土)
今回の3連休は、仕事もなくて本当に連休となりました。昨日は天気が悪く特に書くこともなかったのですが、今日は溜池にあるサントリーホールに出かけました。
この時期楽しみなクリスマスの装飾ですが、今年は案外地味な感じ。まだ、時期が早いのかなあ。
121124a.jpg
「ANA INTERCONTINENTALのロビーのクリスマスツリーです。ポインセチアのツリーなのか」
121124b.jpg
「赤坂サカスの様子。天井のイルミネーションはいつもやってるような」


11月25日(日)
今日は、浜松町に出かけています。道の傍らを見ると白い花がポツンと咲いていました。どうやらカンツバキらしいです。プレートに書いてあってわかりました。
121125a.jpg
「たったひとつ。でも目立ってますね」
121125b.jpg
「こちらは紅葉と東京タワー。秋と冬が同居している11月の東京なのです」


11月26日(月)
この連休、笠屋のスタッフもいろいろなところに出かけていたみたいです。アツキンは富士山マラソンに出場して4時間台で完走したのだそうです。すごいなー。
そのお土産で、桔梗屋の信玄餅を買ってきてくれました。ところが、同じ連休に山梨まで紅葉狩りにでかけたツクエさん。彼女もお土産を出そうとしたところ...
121126a.jpg
「あっ、まさかの信玄餅かぶり...」
121126b.jpg
「ええい、いっしょにしてしまえ! どちらのお土産がわからなくなるように...」さすがのツクエさんでした。


11月27日(火)
天気は良いけれど、とても風が強い一日です。美術館周りの木々から、ものすごい勢いで葉が散っていました。さながら雪のようにふり積もっています。明日の朝の落ち葉隊が大変そうです。本当にご苦労様です。
121127a.jpg
「北風に翻弄される木々たち」
121127b.jpg
「天空に舞っている葉っぱが見えますか?」

さて夜は、「夜のとばりの物語-醒めない夢-」の完成披露試写会です。主演の坂本真綾さんも登壇されるので、気合を入れて会場の汐留FSホールに向かいました。
121127c.jpg
「物販要員でウノッキーも出動です」
121127d.jpg
「舞台挨拶の様子。真綾さんの真紅の衣装が映えていましたよ」
121127e.jpg
「こちらは電通さんご一行です。一番左の新谷さんは、ずっとDVDの宣伝でお世話になっています。岡田准一の偽者といわれていている新谷さんは、その昔はヨシモトでお笑いを目指していたんだそうですよ。
何で写真撮るんですか?といわれたのですが、それはこうして紹介するためなんです」

121127f.jpg
「終演後のシオサイトにて。ビル街で見る月は、井の頭から見る月とはずいぶん違っていて、冷たく冴え冴えと輝いていました」


11月28日(水)
今日は午後から財団の評議員会で、みんなで三鷹市役所に向かいました。とても寒い日だったので、車で市役所に来るお客さんが多いのか、駐車場がなかなか空きません。
121128a.jpg
「とはいえなんとか全員揃って、コーヒーの準備も整いました。同じ向きに並んだソーサーがかわいいです」
121128b.jpg
「財団評議員会の様子。美術館も11年を経過してメンテにはお金がかかる...などの報告も行なわれました」
121128c.jpg
「会議室のエアコンが、時折ゴーッといううなりを上げます。こちらもメンテが必要だと思います」

さて、夕方からは美術館のクリスマスツリーの点灯式も行なわれました。昨年タイミングが早すぎて、フカヤンからこっぴどくしかられたスタッフだったのですが、その甲斐もあって今年はタイミングバッチリでした。
121128d.jpg
「点灯したばかりのツリー。お客さんが歓声を上げながら撮影しています。今年のツリーはちょっとスリムで背が高いので、ちゃんとカメラに納まるかな?」

ところで今夜は、半影月食なんだそうです。皆既月食とは違っていわれても良く分からない程度だけど、月が弱い地球の影に入って暗くなるのだそうです。9時15分くらいから始まるそうなので、満月をチェックしながら帰りました。
121128e.jpg
「21:48の月...よくわかりませんね」


11月29日(木)
最近、まゆちゃんが毎朝コアラのマーチを食べています。なぜなんだろう。とりあえず、おすそわけを頂ました。
121129a.jpg
「富士山バージョンのコアラたち。ごちそうさまでした」

こちらは、フジコちゃんがもらった"虎屋ういろ"です。伊勢名物で、名古屋のういろうとは少し違うそうです。季節商品の"さつま芋ういろ"と"紅葉ういろ"です。
121129b.jpg
「食べ応えもあってとても美味しかったです。ごちそうさまでした(2回目)」

121129c.jpg
「美術館の控え室にカレンダーボックスが登場。そういえば今年もあと一ヶ月を切っていますよ」


11月30日(金)
スタジオに行ったら、帰りがけに広報のイトノンから柿をたくさん持たされました。ライブラリーのウッチーが柿好きと聞いてのおすそ分けです。実はたくさんの柿を地主の千本木さんから頂いたのだとか。たぶん、自宅の庭で採れた柿だと思います。千本木さんは小金井に居た頃はよくお世話になりましたが、元気そうですね。
121130a.jpg
「なぜかチェブが見張っています」
121130b.jpg
「さっそくウッチーがむきました。とても甘くておいしいです、千本木さん!」
ディズニーのウィンターキャンペーンでもらえる「ジブリがいっぱいCOLLECTION オリジナル メッセージボード」をもらったので、笠屋の冷蔵庫に貼ることにしたのですが、ドア部は曲面になっていて貼れません。そこで、サイドに貼り付けて使うことにしました。
121130c.jpg
「イラストを描いたのは誰!?牛は良いとしても、猫です、これは」