メインコンテンツ | メニュー

Main Contents

2012年08月

8月1日(水)
今日からスタジオから異動になったフルマタさんが、朝礼でごあいさつ。美術館はお客さま相手のやりがいのある職場だと思います。これから、運営スタッフとして活躍してください。
120801a.jpg
「さっそくあだ名をもらったとか」

今日から8月。午後の日差しが強く、影とのコントラストが夏だと感じさせます。
120801b.jpg
「トトロの受付をのぞむ」


8月2日(木)
今日も暑いです。でも、雲がポッカリと浮いていて、まるで美術の吉田さんが描く雲みたいだと思いました。
120802a.jpg
「青い空に真っ白な雲」

午後、植木に総務のコイケちゃんが水をあげていました。水をもらって、とても気持ち良さそうです。
120802b.jpg
「夏らしい光景ですね」

夜は、新宿で富士登山に向けての"血気集会"が催されました。いよいよ2週間後、有志で富士山に登るのです。はたして、どうなることやら。上手くいったら、この場で報告いたします。
120802c.jpg
「登頂記念の写真撮影のために旗を準備しました。はたして、ことの顛末はいかに!?」


8月3日(金)
120803a.jpg
以前、ジブリでも働いていたナガミさんが美術館にやってきました。2歳の娘さんと一緒です。親子でおそろいの帽子がキュートでした。元気そうでなにより。
120803b.jpg
おみやげに"八雲餅"という差し入れを頂きました。柔らかい胡桃入りの餅が竹の皮に包まれていて、とっても上品で美味しいお餅でした。ご馳走様でした。

オオグチさんが、なぜか竹の皮で編んだ上蓋を扇風機にかぶせていました。
120803c.jpg
「笠地蔵!? 恩返ししてくれるかな」

120803d.jpg

夕方、空を見ると秋を思わせる巻雲が空に出ていました。決して"ドゴラ"ではありません (わからない人は検索すること!)。
日中は猛暑とはいえ、季節は少しずつ進んでいるようですね。


8月4日(土)
浜松町に出かけると、思わず東京タワーのことが気になってチェックしてしまいます。先日、震災でダメージを受けたアンテナの改修が終わって、333メートルの高さに戻ったそうなのです。ただ、確かにアンテナがちゃんと立っています。ただ、以前はなかったはずのワッカがついたまま。
120804a.jpg
「スカイツリーを意識してますか?」

夜、今年初めての花火大会に出かけました。今年は震災での自粛も終わり、2年分の元気とばかりに盛大に開催されていました。
120804b.jpg
「すごくゆったり見られました」


8月5日(日)
ちょっと郊外に出かけていて、田んぼの稲をみたら、ちょうど花が咲いていました。午前中のたった2時間しか咲かないのだそうです。見られてとてもラッキーでした。日本はやっぱり瑞穂の国ですね。ちょっと嬉しい光景でした。
120805a.jpg
「緑が美しかったです」


8月6日(月)
富士山に登るコバヤシさんが、登山靴をはいて出社しました。今から脚をならすんだそうです。うーん、その精神、見習わねば。まだ、筆者は買って以来、一度も履いていないのです(汗)

ところで、お昼にツクエさんが不思議な物体をカップに入れていました。パフ? 正解は新潟の"まんじゅう麩"と呼ばれる"岩船麩"らしいです。つるりと食べられ美味しいみたいです。だれですか? 紅茶キノコといったのは。まわりはキョトンとしていて、オオグチさんしか笑っていませんでしたが。
120806a.jpg
「紅茶キノコは40年位前に日本で流行りました」


8月7日(火)
今日は立秋だそうです。なのに、涼しかった昨日に比べて気温はまた高くなり夏が戻ってきました。ただ、吉祥寺付近ではツクツクボウシの初鳴きを耳にしました。それも2匹も。
「ああ、夏休みが終わってしまう」条件反射的にそう思いましたが、実は、明日からが個人的には夏休みなのです。申し訳ございません (スタジオジブリは来週がお休みになります。もちろん美術館は開館していますよ)。

8月10日に発売になる「沙漠の魔王」(秋田書店刊)の復刻版が完成し、見本を宮崎監督に届けるために小金井に向かいました。60年ぶりに再会する監督はとても嬉しそうで、ひとしきり話に花が咲きましたした。
ただ、宮崎監督の事務所近くではしきりにウグイスが鳴いていて、なんだかヘンな感じです。監督によるとずっーと、春から鳴き続けているのだとか。繁殖期が続いている場合は良くあるそうなんですが、セミと一緒に鳴いているのも不思議な感じでした。

ところで事務所に戻ってきたら、見なれない鉢植えがポツンと置かれています。ツクエさんが、弱ってきたので日にあててるのかな?
120807a.jpg
「サボテンなのに枯れてませんか!?」


8月8日(水)~15日(水)
ちょっと長めの夏休みを頂いて、帰省して旅行にもでかけました。その間、気になったものを少しだけご紹介します。
120808a.jpg
「お盆直前のスーパーです。福岡の盆ではキュウリやナスは飾らないので売ってません」

120814a.jpg
「スーパーで発見。"おかめ納豆"なのに"うまかたれ付"と書かれているということは九州人向け!? 九州人は納豆に抵抗はありません」

120815a.jpg
この日誌の4月14日で紹介した"牧のうどん"に行くことができました。写真は"丸天うどんのごぼ天追加"です。後ろのヤカンには継ぎ足し用のスープが入っています。ネギは入れ放題です」

120815b.jpg
「うちの妹の家にいったらトトロが一杯でした。うーん、兄思いなのか!?」


8月16日(木)
久しぶりに美術館に顔を出しました。ライブラリーチームは休みを取らず出勤していて、まゆちゃんに再会することができました。お疲れ様です。木立を見ると、緑が一段と濃くなった気がしました。
120816a.jpg
「空気が澄んでいて、空が真っ青なせいかもね」


8月17日(金)
本当は今夜、東宝アドのヤベ隊長のもと、館長をはじめとした有志で富士山に登るはずだったのに、寒気が日本列島に流れ込んで天候不順となり、急遽中止となってしまいました。ずっと準備してきたのに、残念無念です。夏山は来週末で終わるので、次のチャレンジは来年7月以降となります。果たして!?
120817a.jpg
「二日前にヤマハのサタさんが登ったそうです。写真のようにご来光も見えた様子(羨)」


8月18日(土)
富士山に登るはずだった日、確かに空は不安定で各地で雷雨が発生しました。富士山も例外じゃなく、確かに行かなくて正解だったと思います。(ただ驚いたことに、ツイッターからの情報では、高畑勲・宮崎駿研究家で知られる叶精二さんは、息子さんと登ったそうです。大丈夫だったのかなあ)
120818a.jpg
「ご覧のように入道雲がモクモクと発達中」

というわけで、体力も消耗しなかったので、夕方は第45回三鷹の阿波踊りの応援に出かけました。"三鷹市役所連"のメンバーとして美術館のスタッフも参加するのです。初めて見に行ったのですが、阿波踊りといっても、いろいろのバリエーションや振り付けがあって、とても面白かったです。"踊る阿呆に見る阿呆。同じ阿呆なら..."といいますが確かに踊ったら楽しいだろうなあと思いました。
120818b.jpg
「なぜか踊りをトトロが見つめていました」

120818c.jpg
「3時間も踊り続けるのです。みんながんばって」


8月19日(日)
阿波踊りは二日間の開催でした。今夜は最後に表彰式がありました。館長の代理で"三鷹の森ジブリ美術館賞"の贈呈も行ないました。受賞された連の方、おめでとうございます。
120819a.jpg
「最後は"三鷹市長賞"の授与。市長は、昨日は踊りに参加していましたが、今日は審査委員長のようです」


8月20日(月)
スタジオジブリの夏休み明けで、笠屋の事務系スタッフも揃って出勤です。各地のお土産が並びました。こんなにカラフルだと、スタッフから"わー楽しい"という声があがります。
120820a.jpg
「海外のお土産もチラホラ混ざっていますよ」

さて、夜は、博報堂DYMPの藤巻さんの"お誕生日"兼"還暦祝い"兼"就活面談"が都心で行なわれ、参加させていただきました。藤巻さんは、博報堂のジブリ担当であり、"崖の上のポニョ"を大橋のぞみちゃんと歌って紅白歌合戦にも出場した歌手でもあります。広告代理店、映画会社、出版社などから150名も集まった盛大なお祝いでした。幹事のホソヤさんの上司への温かい愛情が感じられる集いでした。最後に藤巻さんのお嬢さんの感動的な作文の朗読もあって、ジーンとさせられる瞬間もあったのですが、大雑把に言うと終始笑いの絶えないパーティといえるでしょう。
120820b.jpg
「赤い羽織で出迎える藤巻さん」

120820c.jpg
「誕生日のケーキのロウソクを吹き消します。後方右奥にすわっているのは鈴木Pと小学館の久保さんですよ」

当日配られたパンフレットがおもしろくて、持って帰るとみんなで廻し読みされていました。
120820d.jpg
「なんと、博報堂の小松さんのデザインでした」


8月21日(火)
今日は、2週間ぶりの休館日。あいかわらず、残暑の日々が続きます。美術館の周りでは、蝉時雨がちょうどピークの時期を迎えています。ちなみに、この辺で鳴いているのは、アブラゼミ、ミンミンゼミ、ツクツクホーシで、夕方になると、ヒグラシも参加しています。時間によって鳴くクマゼミとかヒグラシと違って、前述の3種のセミは休むことなく鳴き続けるので、体力的に大変だなあと思います。一週間しか地上では生きられないというのも納得の蝉時雨なのでした。
120821a.jpg
「鳴き続けるアブラゼミを発見」

事務所に行くと、カフェデッキで採れたブドウがふるまわれていました。ちょっとつまんだら、甘酸っぱくて、最近忘れていた野生の味がしました。雨が少ないせいか、甘みはなかなかだと思います。
120821b.jpg
「ちなみにカフェでは、明日から"ぶどうのシャーベット"を提供するそうですが、このブドウではありません(笑)」


8月22日(水)
金魚鉢で打ち合わせをしていたら、コイケちゃんが頂き物のスイカを差し入れてくれました。北海道の"プチ!スイカ"だそうです。プチというからにはリンゴぐらいの大きさを想像しましたが、実際は小玉スイカくらいなのでした。
120822a.jpg
「種を取りやすいような切り方にしてくれたんだって」

バックヤードで綿菓子機の実演をやっていました。とても甘い香りが充満しています。館長と、思わず試食してしまいました。
120822b.jpg
「ザラメおいしいですか?」


8月23日(木)
昨日はスイカだったのですが、今日は梨が届いていました。とてもありがたいです。ご馳走様でした。
120823a.jpg
「季節は一気に秋へ」

今日は、月に一度の事業報告の日です。商品部が披露してくれる新製品をチェックするのも、密かな楽しみです。今月はこんなインパクトのある商品を発見しました。金属製の鍋敷きみたいですね。
120823b.jpg
「制作業務部のダイスケ君のイチオシでした」

今日から同郷のヤマウラさんが休み明けで出社です。そのお土産は、博多土産の"鶴の子"でした。というわけで、こちらからは"茶ひよこ"を登場させました。博多の"鳥"土産対決です。
120823c.jpg
「箱は"鶴の子"の方がかわいいかも」

120823d.jpg
「中身はつぶらな瞳の"ひよこ"の勝ち。ちょっとパン種みたい...」

午後からは、打ち合わせで神奈川近代文学館に出かけました。この機に乗じて、まだ見ていなかったので港の見える丘の"コクリコ坂から"の記念碑を見に行きました。青空にUW旗が元気良くはためいていましたが、ちょっと色が落ちて端っこがほころび始めていました。やはり風が強いのかなあ。
120823e.jpg
「横浜市のみなさん、ケアをよろしくお願いします」

そのほか、横浜山手の美しい夕景をお楽しみください。
120823f.jpg
「マリンタワーが存在感を示しています」
120823g.jpg
「外人墓地から夕陽を望む」
120823h.jpg
「ランドマークタワー方面の夜景。ちょっと香港みたいですね」


8月24日(金)
今日は、ライブラリーチームのまゆちゃんの誕生日です。映画のヒットもあわせて、本当におめでとう。笠屋のメンバーにより、サプライズでお祝いします。
120824a.jpg
「ウッチーの手により、ケーキが運ばれます」

120824b.jpg
「写真に収めるまゆちゃん。"むしのいどころ"にアップしないの?」

もうすぐ8月も終わりだというのに、今年は一向に涼しくなる気配がありません。カフェデッキではラムネとビールを販売中です。今日は副店長のワタナベさんが直々に販売中でした。
120824c.jpg
「♪ラムネいかがですか~♪と、魅惑のテノールボイスで呼びかけていましたよ」


8月25日(土)
120825a.jpg
「浜松町の夕日を見ました。本当にまだまだ暑い...」


8月27日(月)
休憩室で発見しました。青森名産の"ほたて飴"だそうです。誰か青森に帰省していたのかな? でも、ホタテが飴になっているのだろうと思うのですが、おいしいのだろうか。誰か感想を教えてください。
120827a.jpg
「手が出せませんでした...」

美術館に、去年帰国したはずのアルパートさんがいらしてました。長年にわたりスタジオジブリの海外事業局長をつとめていたアルパートさん。とても元気そうでした。
120827b.jpg
「また、遊びにきてください」

PD室からの差し入れらしい。とてもキレイな金平糖ですね。夏らしい色の組み合わせが絶妙と思ったら...
120827c.jpg
「...本当はもっと他の色もあったらしい」

美術館の南側では緑化フェアの準備が着々と進んでいます。なにやら新しい鉄骨が組まれていました。たぶん温室になるのではと思います。10月が楽しみです。
120827d.jpg
「いつまでも暑いと秋の花が咲くのかどうか、心配になってきました」


8月28日(火)
朝から懸命に鳴くミンミンゼミの姿を捉えました。ミンミンゼミは用心深いのか、カメラを向けるとすぐに逃げてしまうのです。アブラゼミと違って透明な羽がキレイです。
120828a.jpg
「美術館の周りは本当にセミが多い。セミに釘付けの毎日です」

今日は、イベントデー。
120828b.jpg
「カフェの看板より」

120828c.jpg
「昔遊びも行なわれていました」

120828d.jpg
「気がつくと屋上にはススキが穂を出していました」


8月29日(水)
今日はいつもよりちょっぴり涼しくなりました。とはいえ、最高気温は32度もあったのですが。
120829a.jpg
「日差しも心なしか弱まったような」

120829b.jpg
「吉祥寺の空にはお月様。もうすぐ十五夜かなと思ったら、今年は9月30日なのでした。まだまだ先」

秋田の"わらび座"さんの招待で、イベントの橋田さんと渋谷に音楽劇を見に行きました。台詞も歌もない、音楽と踊りのパフォーマンスでした。音楽がど派手で感動的で、とても面白い舞台でした。
120829c.jpg
「スタッフパスを見せてもらいました。中国語では"工作員"というのかなあ。何だか云いえて妙」


8月30日(木)
最近になってようやく気づいたのですが、美術館周辺では、ミンミンゼミが鳴くのは午前中だけみたいです。午後はたくさんのアブラゼミと、少しのツクツクボウシだけです。気温が影響しているのかも知れません。不思議なセミの生態に、この夏すっかりとりこになってしまいました。
120830a.jpg
「午前中しか鳴かないミンミンゼミの姿」

JICAさんの引率でフィリピンからのお客さんがやってきました。公務員になるための研修生の皆さんなのだそうです。とても、喜んでいただけてるみたいで、ちょっとホッとしました。とても楽しそうに写真を撮り合っているのが印象的でした。
120830b.jpg
「お土産で頂いた首飾りです。パッと見、飴かと思いました」

久しぶりの三鷹セントラルコートでの練習。日が落ちるのがずいぶん早くなりました。蚊と毛虫に悩まされました練習でしたが、コートの上からはお月様が見守ってくれていました。
120830c.jpg
「そろそろ満月のようです。でも、しつこいようですが十五夜は9月30日...」


8月31日(金)
上空に寒気が入ってきたらしく、天候が不安定になりました。空を見ると見事な入道雲が発達を始めています。雨がしばらく降ってなくて水不足も懸念される今日この頃、今日あたりザッと雨が欲しいところです。
120831a.jpg
「夏を名残惜しむような元気な雲です」

今夜は満月。ブルームーンというのだそうです。一ヶ月の間の2回目の満月をそう呼ぶのだとか。50年以上生きていて、初めて知りました。
120831b.jpg
「井の頭公園の松の上に輝く満月。ナイチンゲール(夜鳴きうぐいす)はいませんよ」