本文目次関連項目

4月

4.1(土)

・館内のステンドグラスを見つめていたご夫婦。お話を伺うと、奥様は横浜でステンドグラスを作っていらっしゃるそう。「これを二人で作っているなんてすごい!」と、作り手ならではの視点と知識で感動を伝えてくださいました。春の日差しの中、館内を彩るステンドグラスがとても綺麗な時期なので、みなさんもご覧になってみてください。


4.2(日)

・新しくカフェデッキのスタッフとして加わってくれた松井さん。20歳とフレッシュな彼女ですが、土器や古墳などが好きというなかなか渋い趣味の持ち主。元々同じようなものが好きで精通している山川さんとすぐに意気投合。2人がカフェデッキを担当する日は「縄文式デッキ」と呼ばれています。


4.3(月)

・新入社員12名が入社しました。昨年の新入社員入社日の雪とは打って変わり、桜咲く穏やかな春の日です。目を輝かせながら元気に挨拶する様子は、誰しもが若かりし日の初心を思い出すのでした。
170403a.jpg

・そして今日はお花見弁当が配られる日でもありました。次の企画展示の準備作業に追われる草屋でも、花見をしながらのランチタイムで少し一息つけたようです。
170403b.jpg


4.4(火)

・休館日を利用して商品の確認や整理をしているショップ森田さん。先日発売になった作務衣を身に纏い、やる気に満ち溢れています。
170404.jpg


4.5(水)

・春休みの子どもたちがショップに来てくれ、「初めて自分のお金で買い物したよ!」と教えに来てくれる子や、「これはおばあちゃんに、これは○○ちゃんに」とお土産を選んでいたり、「もし買えるとしたら何が欲しい?」「そうだなぁ...。僕はこれかなぁ」と、大人と同じような素振りで買い物ごっこしていたり。見ていてつい笑顔になってしまう毎日です。


4.6(木)

・新入社員研修で美術館周辺を歩き、施設を見て回る研修があります。この研修を担当するのが、美術館切っての雨男「西川さん」。この日は朝からなんとか曇り空にとどまり、午後には上着もいらないくらいに晴れました。そろそろ雨男返上かと一安心し、井の頭公園の芸能の神であり水の神として信仰がある弁財天にお参りする一行。しかしその瞬間、雨が! なんとか雨に濡れながらお参りを終えて弁財天から離れると、とたんに雨が止みました。神秘的だった出来事を目の当たりにして、目を丸くする一同。西川さんって一体・・・?


4.7(金)

・カフェ店内で提供している『色とりどりのフィッシュサンド』は、ニシンのフライに使うパン粉の仕込みの際に3種類の香草を混ぜ1つにまとめておきます。今日は酒井さんが仕込みの担当。その様子を見ていた田中さんがラップでくるんだ香草のボールを「まりもみたい!」と言うと、「千と千尋の神隠しに出てくる"にがだんご"だよ!」と酒井さん。「なるほどー!」と感心する田中さんに、「誰に食べさせる?」と不敵な笑みを浮かべる酒井さんなのでした。
170407.jpg


4.8(土)

・カフェデッキにある桜の木の周りに何やら人だかりが出来ています。満開になった桜を見ているのかなと思いながら近づいてみると、木の上には猫が。しばらく見守っていると、沢山の人の視線に猫もバツが悪くなったのか、ピョンピョンと木を降りてきて、最後は見ていた人たちから拍手を受けていました。そんなことを気に留めもしないように、猫は得意げにゆっくりと去っていきました。


4.9(日)

・"12ヶ月のトトロシリーズ"のマグカップをご覧になっていたお客様から、「あの、しいたけの柄は何月ですか?」と尋ねられ、「しいたけ???」となっていたところ、指をさしたのは、冬眠明けなのかあくびをして上を向いている4月のトトロでした。確かに茶色のトトロの頭と白いお腹がしいたけに見え、「そう見えなくもありませんね!」と笑い合いました。


4.10(月)

・清掃スタッフとして朝早くから美術館を支えて下さった横山さんが本日最終勤務日でした。誰とでも気さくに話し、いつも笑顔で元気な姿に、力をもらったスタッフも数知れず。最後は横山さんらしく笑顔でのお別れとなりました。本当にありがとうございました。これからもますますお元気でいてください。
170410.jpg


4.11(火)

・先週入社し、研修を受けてきた新入社員の研修発表が昨日行われました。グループに分かれて、ジブリ美術館のこれからの10年をどうしたいかを発表。新人ならではの新鮮な考えに、聞き手のスタッフも興味深く聞き、時に笑いの起こる時間となりました。
170411a.jpg 170411b.jpg 170411c.jpg