館内の"マル"を探してみたよ


館内にある、いろいろな"マル"。ステンドグラスの中で輝く"マル"、足元にある"マル"、丸いものばかりを集めてみました。どこにあるか、いくつ気づいてもらえるでしょうか。...

続きを読む

2021年4月 ~新着~


20120411.jpg

4.5(月) ・閉館後、展示室をいつもより入念にお手入れ。 この4月から1階展示室に配属になった新人のスタッフは、お手入れの中でいろいろな発見があったようです。新人スタッフが緊張しながら丁寧な仕事をしていると嬉しくなる先輩スタッフたち。「こ...

続きを読む

重要 2021年度の開館カレンダーを公開しました


三鷹の森ジブリ美術館の新年度開館カレンダーを、本日公開いたしました。 一都三県に発令されていた緊急事態宣言は解除されましたが、お客様、スタッフの安心安全を考慮し、入館者数を通常よりも絞りつつ、感染症予防対策について徹底し営業をしてまいりま...

続きを読む

Where things are born
やちむん×ジブリ美術館


20210401s1_yatimun.jpg

"ものがうまれるところ"では、ショップマンマユートのオリジナルグッズがどのように生まれるのか、ものづくりの過程をたくさんの写真と一緒にご紹介いたします。 第1回目はマックロクロスケが器の中に溶け込んだ沖縄の焼き物「やちむん」です。 作り手である前田薫さんの工房を訪ね、器が出来るまでのお話をお伺いしました。 (取材は2019年7月に行ったものです)

続きを読む

【三鷹の森アニメフェスタ2021】にて特別上映を開催します


3月6日(土)三鷹市芸術文化センターにて、「三鷹の森アニメフェスタ2021 ~アニメーション古今東西 その17~」を開催します。 毎年恒例、三鷹の森ジブリ美術館が厳選する古今東西の傑作アニメーションを上映します。 アニメーションの面白さと奥...

続きを読む

新企画展示 プチ「アーヤと魔女」展


20210122a-ya1.jpg

1階廊下スペースにて、プチ「アーヤと魔女」展がはじまります。 長編アニメーション『アーヤと魔女』をより楽しんで頂けるよう、少しだけ作品の世界をご紹介します。 物語の主人公は10歳の少女、アーヤ。赤ん坊の頃から「子どもの家」で育ったアーヤは、...

続きを読む

重要 2021年1月からの開館について


三鷹の森ジブリ美術館は、1月22日(金)より本年の営業を開始します。 当初は15日からの営業を告知しておりましたが、東京都を含む一都三県に対し緊急事態宣言が発出されたことにより、再度、三鷹市と開館に向けての検討を行い、さらなる新型コロナウ...

続きを読む

謹賀新年


2021nennga1.jpg

旧年中は三鷹の森ジブリ美術館を応援して頂き、ありがとうございました。 2021年が皆さまにとって幸多き年となりますよう、心よりお祈り申しあげます。 元旦 三鷹の森ジブリ美術館...

続きを読む

本年もありがとうございました


ジブリ美術館では新型コロナウイルス感染症の発生以降、どのように安心、安全に楽しんでいただけるのか、試行錯誤を続けてまいりました。ご来館を楽しみにしていただいた皆様には、多大なるご心配、ご不便をおかけいたしました。 おかげさまで、休館中に実施...

続きを読む

アニメーションに関する調査研究活動をサポートします


三鷹の森ジブリ美術館を運営する徳間記念アニメーション文化財団では、アニメーション文化の調査研究に取り組む若手研究者の育成と、その研究活動に対して助成することを目的に、「アニメーション文化調査研究活動助成制度」を実施しています。 今年度も、2...

続きを読む