2017年10月 秋風


10.4(水)

・先月からトライホークスにて販売を開始した木口木版画をじっくりと見ていたお父さんが、「また販売始めたんですね」とスタッフに声をかけてくださいました。以前トライホークスで販売していた木口木版画を買おう買おうと思っているうちに、販売終了してしまっていたとか。その後、どれにしようか真剣な眼差しで見つめながらじっくりと選んで購入されました。「パパ何買ったの?見せて!触らせて!」というお子さんに「素敵なものを買ったんだよ。お父さんがまずは楽しみたいから、まだ触らせない!」と笑っていました。


10.5(木)

・4月に入社し、早くも半年が経った荒井さんが1階の研修の締めくくりとして、スタッフをお客様に見たてた展示室の説明会を行いました。この日のために、たくさん勉強と練習をしてきた荒井さん。研修担当の山川さんは、一生懸命で真摯に展示物と向き合い説明する荒井さんの姿に、これからもこの経験を活かして頑張って欲しいと思うのでした。


10.6(金)

・夕方、小学生の男の子が出口小屋のライトを見上げていました。するとポケットから家族みんなのフィルム切符を取り出し、ライトの光にかざして絵柄を確認していました。何の映画だったかを尋ねてみると、男の子はすべての切符を見事に言い当て、「難しいのもあったのにすごいね!」とスタッフが言うと、「いっぱい映画見てるからね!」と嬉しそうに答えてくれました。


10.7(土)

・ネコバスルームに来た2歳くらいの男の子は、マックロクロスケが少し怖い様子。それでも、ちょっとずつ近づいて恐る恐る持ち上げ、「こんにちは」と挨拶する姿に心和むスタッフなのでした。


10.8(日)

・屋上で咲いているアザミの花にはさまざまな虫がやってきます。蝶や蛾のオオスカシバが蜜を吸いに、そしてその虫を食べようとカマキリが待ち構えていたり。子どもたちと虫観察ができて、小野さんは今日はどんな虫が来るかなと楽しみにしているそうです。


10.9(月)

・いいお天気の今日、カフェ前のデッキでは、小さな子どもたちが元気いっぱいの様子。目が合うと、食べていたソフトクリームを見せてくれたり、話しかけてくれたり、風に吹かれて気持ち良さそうに過ごしていました。


10.10(火)

・厚樹さんの机の上にメモが一枚。近づいて見て見ると・・・。
171010.jpg
<クヌギ画伯の最新作>


10月

10.1(日)

・市民デー2日目。デッキでは「目玉焼トースト」「ソーセージトースト」をご用意。こちらも、パンやソーセージがこんがりと焼けるいい匂い。「食べる」を、空間でも実際にも味わっていただけたようで、嬉しくなるスタッフたちでした。
171001a.jpg
171001b.jpg
<双子の卵!>


10.2(月)

・屋上にサルビアレウカンサの花が咲き始め、秋の空の下に彩りを添えてくれています。これから紅葉も始まり、色をゆっくりと楽しめる季節がやってきました。


10.3(火)

・相変わらず2F事務所の外に定住しているかまきりですが、「かまたろう」と名づけ、小池さんが愛でていました。ところがこの日事件が。もう1匹現われ、仲良く寄り添っている「かまたろう」。どうやらメスだったようです。なんとなく傷心気分の小池さんなのでした。