11月28日付で、美術館館長に安西香月が就任いたしました。


11月28日付で、公益財団法人徳間記念アニメーション文化財団常務理事ならびに三鷹の森ジブリ美術館館長に、安西香月が就任いたしました。 なお、前任の中島清文は、株式会社スタジオジブリ代表取締役社長として、引き続き美術館事業を担当してまいります。

安西香月ごあいさつ

謹啓 時下いよいよご盛栄の段お慶び申し上げます

平素は格別のご高配を賜り 有難く厚く御礼申し上げます

さて 私こと 

このたび中島清文の後任として 公益財団法人徳間記念アニメーション文化財団常務理事 ならびに 三鷹の森ジブリ美術館館長に 就任いたしました

微力ではございますが 皆様のご期待に添い得ますよう 全力を尽くす所存でございますので なにとぞよろしく ご指導ご鞭撻を賜りますよう ひとえにお願い申し上げます

まずは略儀ながら 書中をもちまして 就任のご挨拶を申し上げます

謹白 

 二〇一七年十一月吉日

公益財団法人徳間記念アニメーション文化財団
常務理事
三鷹の森ジブリ美術館
館長
安西 香月

プロフィール

安西 香月(あんざい かづき)
1965年2月、石川県生まれ。金沢美術工芸大学産業デザイン学科卒業後、株式会社日立製作所デザイン研究所に入社。工業デザイナーとして従事する。1993年安西デザインスタジオを設立。1998年にスタジオジブリに入社し、三鷹の森ジブリ美術館の開館準備に携わる。以降、ジブリ美術館の企画・展示のディレクションを担当。2004年愛知県愛・地球博記念公園「サツキとメイの家」ほか、スタジオジブリ関連施設の演示デザインを多く手がけている。2017年11月、三鷹の森ジブリ美術館館長に就任。

なお、同日付のスタジオジブリの役員の異動については、こちら をご覧下さい。