おすすめの本が並ぶ図書閲覧室「トライホークス」


トライホークスの写真

「トライホークス(三羽の鷹)」は、三鷹の森ジブリ美術館の図書閲覧室です。
宮崎駿館主とジブリ美術館おすすめの絵本・児童書が置いてあります。

子ども達にふしぎなものを見て、触れて、感じて欲しい。美術館のこの思いを「本」という形で伝えていく場所として作られました。
子どもたちが実際に本を手に取り、読むきっかけを作る場所でありたいと思っています。

季刊トライホークス


「季刊トライホークス」は、図書閲覧室トライホークスで 3ヶ月ごとに発行しているフリーペーパーです。ここでは、図書室の本を紹介するとともに、様々な分野で活躍している方に本の紹介をしていただき、図書室の枠をこえ「本」と出会うきっかけ作りをしていきたいと考えています。

20190625th.jpg

本棚より[季刊トライホークス 2019年56号]

だれが君を殺したのか 著者...I.コルシュノウ 編集...上田真而子  岩波書店 品切重版未定  17歳の少年クリストフは、峠を自転車で疾走し、事故にあって亡くなりました。彼が埋葬される日、教会に集まった大人たちは悲しんでいるような顔つき...

続きを読む

Art Collection of Ghibli Museum


ジブリ美術館では、スタジオジブリ作品のセル画(Hand Painted Cel)や木口木版画を、"Art Collection of Ghibli Museum"として販売しています。


セル画(Hand-painted Cel)

セル画は、映画の1シーンを鑑賞用に新たに制作したものです。
映画制作の手法と同じく一枚一枚人の手によって塗られています。
背景画は、高精彩・高耐光性の顔料インクジェットを用いたデジタルプリント技術で複製したものです。
セル画はショップ「マンマユート」で販売しています。

現在のお取り扱い絵柄

「天空の城ラピュタ」
1絵柄 ¥60,000(税抜)

セル画はショップ「マンマユート」で販売しています。