本文目次関連項目

ショップ マンマユート

GIORNALE DEL MAMMA AIUTO! 【タイガーモス エッチングモデル】~マンマユート便り vol.12

21060301s016.jpg

春風を感じながらぶらぶらと散歩したくなる季節になりました。美術館では時期によりかわるがわる短編映画が上映されますが、今月は『やどさがし』。全ての音が人間の声で表現され、動く文字として擬音語や擬態語が画面に描かれています。風や木、家までもが生き生きと躍動するそんな世界の中を、意気揚々と旅する主人公フキちゃんの姿になんだか元気をもらえる映画です。ショップでは、フキちゃんが遭遇する川の主、「ぬらりひょうたん」のてぬぐいを販売中。職人さんが1枚1枚丁寧に染め上げたこのてぬぐいは、使えば使うほど味のある色合いになっていきます。この春、フキちゃんさながらの大きなリュックを背負って、てぬぐい片手にどこかへ出掛けてみるのも楽しそうです。 ショップのてぬぐいコーナーには他にも短編映画のキャラクターや、マックロクロスケが主役のものもありますので、ぜひお気に入りの一枚をみつけてみてください。 輝く迷路を踏破す......続きを読む

GIORNALE DEL MAMMA AIUTO! 【フレスコ画スカーフ】~マンマユート便り vol.11

12月になり、早朝は空気もぴりっと冷え込むようになりました。開店準備をしていると、カフェの暖かそうな薪ストーブの匂いが漂ってきて、冬の到来を感じます。 本日か......続きを読む

GIORNALE DEL MAMMA AIUTO! 【トトロの森のどうぶつみき】~マンマユート便り vol.10

9月になりました。夕方、井の頭公園のまわりではヒグラシが名残惜しそうに鳴いていて、夏の終わりを感じます。 さて、ショップでディスプレイに使っている陳列棚や小物......続きを読む

きっとみつかる 宝物

ショップ『マンマユート』ショップの名前は「マンマユート」。
ご存知「紅の豚」に登場する空賊たちのことで、イタリア語で「ママ、助けて」という意味です。

ここでは、おなじみのジブリのキャラクターグッズとともに、ジブリ美術館だけのオリジナルグッズが揃っています。店内にもウィンドウにもかわいいもの、意外なもの、とんでもないものがあふれています。

じっくりとのぞいていけば、自分にとって特別なものがみつかるかもしれません。

Art Collection of Ghibli Museum

スタジオジブリ作品のセル画(Art Print Cel・Hand-painted Cel)は、宮崎駿監督監修、保田道世色彩設計の監修のもと、映画の1シーンに基づいて、鑑賞用に新たに制作したものです。


Hand-painted Cel

セル画は映画制作の手法と同じく一枚一枚人の手によって塗られています。
背景画は、高精彩・高耐光性の顔料インクジェットを用いたデジタルプリント技術で複製したものです。

「となりのトトロ」「魔女の宅急便」「紅の豚」「崖の上のポニョ」
4作品 4絵柄  ¥40,000~¥51,000(税抜)

セル画は、ショップ「マンマユート」で販売しています。

※品切れ及び完売の場合がございますので、あらかじめご了承ください。