本文目次関連項目

ショップ マンマユート

GIORNALE DEL MAMMA AIUTO! ~マンマユート便り vol.9

yureitou katiyuu.jpg

湿った空気の中に濃い緑の匂いを感じる頃となりました。 この6月から新しく「幽霊塔へようこそ展」が始まっています。 美術館は地下一階から屋上まで、決まった順路はなく、自由に楽しんでいただけるようになっています。 ショップは一番上の階、二階にあり、ショップ前の廊下からは吹き抜けになっている館内を見渡すことができます。 明るい光が降り注ぐ天井扇の窓ガラスはすぐそこですし、見下ろせば空中廊下。 目の前には 大きなモザイク時計を間近に見ることもできます。 新しい企画展示に伴い、中央ホールに出現した幽霊塔をここから眺めるのもいいかもしれません。 展示を堪能していただいたら、ぜひショップにも遊びにきてください。 和紙でフワフワ...さわれる黒い影―――【和紙っこ クロスケシール】 目の錯覚か、それとも家屋に住む妖怪...? 『となりのトトロ』に登場する、黒く小さなものたちの群れ、ススワタリ。 その姿を......続きを読む

きっとみつかる 宝物

ショップ『マンマユート』ショップの名前は「マンマユート」。
ご存知「紅の豚」に登場する空賊たちのことで、イタリア語で「ママ、助けて」という意味です。

ここでは、おなじみのジブリのキャラクターグッズとともに、ジブリ美術館だけのオリジナルグッズが揃っています。店内にもウィンドウにもかわいいもの、意外なもの、とんでもないものがあふれています。

じっくりとのぞいていけば、自分にとって特別なものがみつかるかもしれません。


ミュージアムショップ「マンマユート」詳細はこちら

Art Collection of Ghibli Museum

スタジオジブリ作品のセル画(Art Print Cel・Hand-painted Cel)は、宮崎駿監督監修、保田道世色彩設計の監修のもと、映画の1シーンに基づいて、鑑賞用に新たに制作したものです。



Hand-painted Cel

セル画は映画制作の手法と同じく一枚一枚人の手によって塗られています。
背景画は、高精彩・高耐光性の顔料インクジェットを用いたデジタルプリント技術で複製したものです。

「となりのトトロ」「魔女の宅急便」「紅の豚」
3作品 5絵柄  ¥40,000~¥45,000(税抜)

セル画は、ショップ「マンマユート」で販売しています。



Wood Engraving(木口木版画)

今回宮崎敬介氏によって美術館展示のために制作されました。木口木版とは、柘植や桜などの木を輪切りにした木口面をビュランという特殊な彫刻刀で刻む凸版画です。

1絵柄 ¥78,000(税抜)

木口木版画は、図書閲覧室「トライホークス」で販売しています。


※品切れ及び完売の場合がございますので、あらかじめご了承ください。