ギャラリー展示『赤毛のアン~グリーンゲーブルズへの道~』展


出版から100年経過した今もなお、読み継がれている不朽の名作、『赤毛のアン』。
日本では1979年にテレビアニメ化され、原作を忠実に映像化した作品として、ファンから熱い支持を受けました。

その劇場版「赤毛のアン~グリーンゲーブルズへの道~」は、全50話中の1~6話までを、演出の高畑勲自らが監修し再編集しましたが、当時正式な公開には至らなかったという、知られざる名編集版です。
その作品がこの夏、ジブリ美術館ライブラリーとして劇場公開されることとなりました。

ジブリ美術館では、この作品の映像表現の魅力に迫るギャラリー展示を、公開に先駆けて開催します。

高畑勲監督の描きたかった思いや、画面構成:宮崎駿による場面設定とオープニングのイメージボードをパネルで紹介するほか、美術監督:井岡雅宏による、情景を描くだけに留まらない、プリンスエドワード島の空気あふれる美術ボード、作画監督:近藤喜文のアンのキャラクター設定画など、作品を心から愛した制作スタッフの資料の数々を、映画の紹介とともに展示します。
anne.jpg


日本のアニメーション史に残る、児童文学アニメ化の傑作、「赤毛のアン」。
白い壁と緑の切妻屋根に彩られたギャラリーで、その世界をのぞいてみてください。


◆会期:2010年6月23日(水)~2010年9月27日(月)

◆場所:三鷹の森ジブリ美術館 2階ギャラリー