本文目次関連項目

ギャラリー展示 「思い出のマーニー」展がはじまりました

2014年夏のスタジオジブリの新作映画は、
心を閉ざしてしまった少女・杏奈が主人公です。
12歳の少女・杏奈が、療養にいった北海道の海辺の村で
そこに暮らす人々や謎の少女・マーニーと出会い、
閉ざしていた心を少しずつ開いていくお話です。

杏奈の心をうつすような"北海道"の空の色。

潮の満ち引きで表情を変える、海辺の"湿地"。

村の人々から"湿っ地屋敷"と呼ばれる古びた洋館。

杏奈を預かる"大岩家"。

杏奈の生活は、これらの風景や土地と、
もう一人のヒロイン・マーニーとの密接な関わりあいで進んでいきます。

本展示では、たくさんの愛情に包まれていることに気づいた杏奈のひと夏を、
いくつかのキーワードで構成し映画の場面や背景画とともにご紹介します。
ぜひお楽しみください。

20140718ma-ni-.jpg

◆会期:2014年7月19日(土)~2014年9月29日(月)

◆場所:三鷹の森ジブリ美術館 2階ギャラリー