ギャラリー展示「ミステリーへようこそ」展


10月24日(土)よりギャラリー展示「ミステリーへようこそ」展がはじまりました。

現在開催中の企画展示「幽霊塔へようこそ展 ―通俗文化の王道―」では、江戸川乱歩の推理小説『幽霊塔』を取り上げています。この展示をきっかけにミステリー小説に興味をお持ちになられた方へ、次に読むのにおすすめの本をギャラリー展示でご紹介します。

推理小説を始めとするミステリー小説には、ハードボイルド、サスペンス小説、スパイ小説、SFなどなど、多岐に渡るジャンルがあり、舞台はもとより謎解きの方法や視点、登場人物の職業、関係性、楽しみ方がそれぞれ異なります。
ぜひ、次の1冊の参考にしていただければと思います。

151023mystery01.jpg

◆会期:2015年10月24日(土)~2016年2月15日(月)

◆場所:三鷹の森ジブリ美術館 2階ギャラリー