2021年5月 ~こんな時こそ楽しみを...~


4.19(月)

・開館から20年勤務してくれていた、大ベテランのカフェの酒井さんが本日最終勤務日を迎えました。
20210419b.jpg
丸山店長とは20年苦楽を共にしてきました。新しい時代を進まなければいけない昨今ですが、「これからも見守っていきます」との温かいことばを残してくれました。
20210419c.jpg


4.20 (火)

・NHKEテレ1「天才てれびくんhello」の撮影が行われました。吾朗さんが美術館の中を案内した撮影は予定時間を1時間もオーバーしました。てれび戦士の2人が、あちこちで目をキラキラさせ質問してくれて嬉しかったようです。20210420b.jpg
20210420c.jpg


4.21(水)

・ショップ横のガラスをのぞくと、向こう側の風景がユラユラとゆがんで見えます。ガラスを挟んで向かい合っている2人の男の子。1人の男の子が「海の中みたいに見える?」と、手に持っていたポニョのぬいぐるみを動かしてみると、もう1人の男の子が「うん!見える見える!」と楽しそうです。何度か入れ替わっては、それぞれが"海の中風"に見えるポニョあそびをした後、2人仲良く外へと駆け出して行きました。


4.22(木)

・陽気の良い日が続き、日中は汗ばむ額の子たちを見かけるようになりました。本日からカフェの飲みものメニューは「麦こがしのラテ」が終了し「少しおとなのジンジャーエール」に変わりました。初夏の兆しですね。
20210422.jpg


4.23(金)

・花が終わったあとハート型の葉が芽吹いた屋上のハナズオウ。スタッフが子どもたちとどれが1番キレイなハート型か、決定会議を開いていました。決定後、4歳の男の子はコッソリと「ママにあげていい...?」と相談してくれました。
20210423.jpg<この葉っぱが一番だそうです>


4.24(土)

・緊急事態宣言を受けて、残念ながら明日4/25から臨時休館をすることになりました。


4.25(日)

・急な休館が決まってしまったので、『手描き、ひらめき、おもいつき』展は突然に会期終了になってしまいました。またどこかでお目にかかれる機会を作りたいところですが、楽しみにしてくださっていた皆さんへ、運営スタッフが記録していた日々のできごとをお届け致します。

企画展示室にいる「3びきのくま」を見つけると、子どもたちは必ず1番小さいくまの"ミシュートカ"の鼻の穴をほじっていきます。そのおかげでミシュートカの鼻の穴はいつもキレイだったそうです。
20210425b.jpg


4.26(月)

・企画展示室途中の通りには大きなドラゴンが待ち構えています。高いところにいるので気が付かない子もいれば、怖くて通れない子もいます。そんな中、この間来てくれた男の子は「呼吸をしたら気づかれる!息をしないでダッシュだ!」と、お友達とすばやく通りぬけて行きました。
20210425c.jpg


4.27 (火)

・休館を利用し、二宮さんが屋上の池の掃除をしています。水も石もメダカたちにも気を使い、体を張って、きれいにしてくれる縁の下の力持ち。でも「温泉を探し求めにきた登山の人」と成田くんにいじられていました。
20210425a.jpg<池の水を全部...>


4.28(水)

・「中島さんが1億円くれるよ」と聞いて見に行くと、渋沢栄一さんがついた、おいしい1億円でした。散歩中に発見し、差し入れてくれたそうです。
20210425d.jpg


4.29(木)

・アマチュア棋士六段の一面があり、「ろくだん」というあだ名で呼ばれることの多いシステム担当の井上くん。最近社内の会話で「ロックダウン」という言葉が聞こえると、一応振り向いて自分が呼ばれたわけではないことを確認しているため、井上くんのみ、もうひとつ違う意味でも緊張を抱えているようです。


4.30(金)

・臨時休館の影響で新展示のお知らせが遅れていますが、新展示の作業はどんどん大詰めを迎えています。こんな時だからこそ、丁寧に作業をすすめています。
202104020a.jpg


5.1(土)

・例年であればゴールデンウイークに入った今ごろは、たくさんの皆さんに見てもらえている窓辺の花たち。休館中の今はあまり見てはもらえないですが、変わらずに咲き誇ってます。
20210501.jpg


5.2(日)

・一階のテラスにあるみかん鉢。こちらも人知れず、太陽の光をたっぷり浴びて元気いっぱいです。よく見ると、蕾がふっくらと膨らんできています。
20210503.jpg


5.3(月)

・植物たちは社会の事情と関係なく容赦なく葉や実を元気に落としてきますので、掃き掃除隊も負けじとマスクと箒を手に、屋外を掃きまわっています。
20210502.jpg