三鷹の森ジブリ美術館企画展示
アーヤと魔女展


アーヤと魔女展
© 2020 NHK, NEP, Studio Ghibli © Studio Ghibli © Museo d'Arte Ghibli 

新しい企画展示「アーヤと魔女」展を開催いたします。

スタジオジブリが挑んだ、初のフル3DCGアニメーション作品『アーヤと魔女』。
3DCGのアニメーション、と聞くと、どんなイメージを持ちますか? 


本展示では、『アーヤと魔女』の監督 宮崎吾朗が、3DCGアニメーション制作のあらましをご紹介いたします。

また、展示室では実際に主人公アーヤの表情を作る体験ができたり、キャラクター作りに大きな影響を与えたストップモーションアニメーション『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』(2016年/ ライカ作品)の人形もご覧いただけます。

test3.jpg
test2.jpg

ジブリのこれまでの手描きアニメーション作品と同様に、大勢のスタッフによる膨大な手作業によって完成した『アーヤと魔女』。

3DCGアニメーションのおもしろさ、奥深さ、そして表現としての可能性を、皆さんにも感じて頂ければ幸いです。

期間: 2021年6月2日(水)~2022年5月(予定)
主催:(公財)徳間記念アニメーション文化財団
特別協力: スタジオジブリ 
協賛: 日清製粉グループ、ローソンエンタテインメント、日本テレビ
nisshin.gif ro-sonnentateinmento.jpgntv_newlogo.jpg